ラムサールセンターとは
  │
  ├会 則
  │
  ├
基本認識
  │
  ├年間活動記録
  │
  └役員紹介


 RCJ活動報告
  2002年度~2010年度

 ラムサール条約とは


 ラムサール通信
  11月2日
  7月7日
  5月30日
  バックナンバー

 書籍紹介


 サイトマップ


 ▲ENGLISH

 ▲INDEXに戻る


 ラムサールセンター
 〒146-0084
 東京都大田区南久が原2-10-3
 TEL: 03-3758-7926
 FAX: 03-3758-7926
 E-mail:
ramsarcj.nakamura@nifty.com



Facebookページ

      
RAMSAR CENTER
JAPAN

-湿地の保全と賢明な利用をめざして-

このホームページに掲載したい湿地に関するデータや各種情報、研究論文などがありましたらラムサールセンターまでお寄せください。


  



2017年5月30日~6月5日、スイスに出張のため、
RCJ事務局はお休みです


「世界湿地の日シンポジウム -湿地と防災・減災-」
国連大学エリザベス・ローズ国際会議場(2月4日)のお知らせ

WIJほかが主催する「世界湿地の日シンポジウム」が、2月4日(土曜日)午後2~5時、国連大学エリザベス・ローズ国際会議場(渋谷区)で開催されます。RCJも協力します。シンポジウム・懇親会ともに事前申し込みが必要です。

詳しくはパンフレットをごらんください



「Asian Wetland Symposium 2017」
のお知らせ
2017年11月7日~11日 (佐賀市)

アジア湿地シンポジウム(AWS)が、2017年11月7日から11日にかけて、佐賀市で開催されます。日本での開催は、初回が1992年に大津市・釧路市で開催されて以来25年ぶりです。
ホームページも開設されました。詳しくは下記をご覧ください。

≪AWS First Announcement≫




RCJスタッフの尾崎友紀さんが
青年海外協力隊の任務を終え
ペルー
から帰国しました!

Señores y Señoras. Hola ! Como estan todos ! Volví de Perú.
 尾崎友紀です。先日帰国しました。2014年10月から2016年10月まで2年間、南米のペルー国で、青年海外協力隊として活動をして、首都リマから南260km、アタカマ砂漠の海岸線にあるペルー第一号のラムサール条約湿地パラカス国立自然保護区で、地域住民や観光客を対象に、環境教育や普及啓発の仕事をしてきました。東京都市大学卒業後7か月での派遣で、スペイン語には苦労しましたが、たくさんの人に支えられて、無事に任期を終えることができました。今後はラムサールセンターのスタッフとして、この経験を生かして湿地の環境教育を中心とした活動を続けていきます。どうぞよろしくお願いしたします。お声をかけていただければ南米の湿地と渡り鳥と、人々の暮らしなどについてお話しさせてもらいます。
Muchas gracias. Hasta luego.


アンティージャ小学校で子どもたちに
パラカス保護区にいる動物について教える尾崎さん


≪ペルーの厳選写真集はこちら≫





特設ホームページ

KODOMOラムサール
KODOMOバイオダイバシティ

ESD_KODOMOラムサール






  What's New !!

new!  ラムサール通信183号をアップしました。

new!  ラムサール通信181号をアップしました。

new!  ラムサール通信180号をアップしました。

new! 「KODOMOラムサール湿地交流 in 浜頓別」開催報告

new!  ラムサール通信179号をアップしました。

new!  ラムサール通信178号をアップしました。

new! 「ミャンマーにおける国際湿地ワークショップおよび湿地マネージャー研修」開催報告

 カモとクラゲとホットドッグ
  ―大山上池・下池(鶴岡)を訪ねて―


 「インド・オリッサ州の学校植林プログラム」が地域行政区環境省を受賞しました。

 <じゃいあんの東京湾「湿地」探訪-③>
大森海岸をアップしました。


  シェムリアップメッセージをアップしました
 インド活動レポート(2015年3月)

KODOMOラムサール活動報告
<雨竜>    <釧路湿原>    <三方五湖>
<チャオプラヤ川下流域> <出水平野>
<くじゅう坊ガツル・タテ原湿原>
<浜頓別>

 ミャンマーレポート
 KNCF助成プロジェクト「AWS活動の効果的促進のためのアジアのラムサール条約履行後進性地域の湿地 調査・研究支援事業」で、2013年10月3日~11日にRCJから湿地保全状況を調査するため、調査団(中村玲子、ビシュヌ・バンダリ(ネパール)、アマド・トレンティーノ(フィリピン))を組織して訪問しました。その際のレポートです。

Myanmar Report
 English


アジア湿地シンポジウム 無錫2011
2011年10月11~13日 中国無錫
19か国800人が参加し、採択しました
Wuxi Declaration(無錫宣言)
English  日本語

アジア各国語版

アジア湿地シンポジウム サバ 2011
2011年7月18~20日 マレーシア・サバ・コタキナバル
24か国322人が参加し、採択しました

Sabah Call for Action(サバ行動宣言)
English    日本語

アジア各国語版

アジア湿地シンポジウム2008
2008年6月22~25日 ベトナム・ハノイ
ハノイコール


Asian Wetland Symposium /
Ramsar Pre-COP12 Asia Regional Meeting
3-7 November 2014, Siem Reap, Cambodia
 カンボジアのシェムリアップで、「Asian Wetland Symposium / Ramsar Pre-COP12 Asia Regional Meeting」が、カンボジア政府、ラムサール条約事務局、日本国際湿地保全連合(WIJ)、RCJの共催で開催されました。
プログラムおよび英語版シェムリアップメッセージは下記AWSホームページ(英語版のみ)に掲載されていますので、ご参照ください。 
<http://aws-arm2014.org/>
また日本語参考訳版シェムリアップメッセージは以下のリンクに掲載しています。

シェムリアップメッセージ(日本語参考訳版)(PDF:212KB)

☆じゃいあんの東京湾「湿地」探訪
KODOMOラムサールのボランティアとして「じゃいあん」の愛称で親しまれている高橋一也さんの、東京湾の「湿地」訪問レポートです。

☆アジア湿地探訪 (「グリーンパワー」森林文化協会より)
アジア各地の湿地紹介です。アジアの多様な湿地とそこで暮らす人びとの生活と文化について綴った、中村玲子さんの連載記事。全12回。

 ☆アジア湿地紀行
ラムサールセンター会員からのアジア湿地レポートです
中国・若爾盖高原湿地
インド・チリカ湖
ブルネイ・セリロン島
インド・チリカ湖その2
  中国「紅河ハニ棚田群の文化的景観」
 ラムサールセンターのホームページに掲載された内容(記事、写真、図版など)を、教育や普及啓発など非営利目的で再利用することは原則として自由です。ただし、「再利用禁止」などと表示されたもの、および営利・商業目的での利用はできません。